ギックリ腰の症例

こんにちは、リハビリ&整体 リハビリLab.GROWCE 木下です。

今回は症例報告です。

40歳代男性、職業:大工

昨年に仕事中にギックリ腰発症。

1年近くまた再び起こるんじゃないかと、恐る恐る仕事をしていました。

重い荷物を運べない、しゃがめないなど、半日以内で終わる仕事も2日間かかったりしていました。その分人を雇うなど生産性も低下。


お身体を拝見


伸展運動で、胸椎の可動性が著しく低下、後ろへ体を倒すことへの恐怖感あり。

膝関節と、腰椎を過剰に曲げる事でこの姿勢を作っています。

普段から、腰椎周辺を過剰に使い過ぎた事によって、

ギックリ腰が誘発されたと推測されます。


アプローチは、胸椎、肋骨の柔軟性、筋膜の調整etc.....。


膝の曲がりが少なくなり、弧を描くようにきれいに伸展できました。

後ろへ倒す事への恐怖感が無くなりました(^^♪


自主トレ指導と普段から気を付ける事を伝えて終了。


次回来られた時は、身体のメンテナンスと、自主トレの再確認です。


身体の悩みも、仕事の悩みも解決。


何かお体に不都合、お悩みがある方は、

リハビリLab.GROWCEまで、ぜひご連絡下さい。



閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示